ハイスペックならCPUの負担を考えなくても済む

高性能化は効果ある。単純な解析でもExcelだと止まったみたいになるから。うちの若手が耐え切れず、低価格のワークステーション的なPCを入れて64bitのWindows、Office上で恐ろしく早くExcelでの単純処理がすすんでる。調べれば調べるほどsurface pro2がお絵描きするのには高性能なんだけど。ノートパソコンとしてはVAIOか。エフェクトの方も全てではないにしろ、同時に表示させようとしてコマ送りになったり、ダメージ音が数分間リピートを繰り返したりしていた。弱いPCはほぼ確実にフリーズ。置いたオブジェクトの数にもよるが、ハイスペックPCでも固まった。今はマウスかドスパラ辺りでBTO買って、必要なパーツだけ追加すれば、13~18万ぐらいで相当ハイスペックのPC作れる。

既成品というか大手のショップで自分の必要そうなパーツでとりあえず組んで買ってスペック足りなかったらパーツ足し足しッて感じ。普通に使うなら10諭吉あればよっぽどスペック必要なPCゲーやる以外は十分ハイスペック買える。でもやっぱりハイスペックPC欲しくなるな。最近のはそんなの気にする必要ない程度にはさくさくするもんなのか。PS3版だけど、普通にプレイできる。PC版はたぶんそんなにハイスペックは求めないと思うけど。最近 チームではスカイプを導入したそうだ。興味の有るヤツは、誰か高性能PCで持って96番の音紋を解析しては如何か。そこまでPCの性能はなくても大丈夫だと思う。saiのソフトウェア上の制限でCPUだとかメモリだとかがあまり使えないから、高性能のPCである必要性が無いのかな。前に高性能PC付けっぱフル回転で壊したから、わざとかなり低スペックでCPUの温度上がらないようにしてる。省電力CPUでネットくらいしかしないようにしてる。普通のPC。ならきっとみれるのかもしれない。