ハイスペックPCにはメモリが満載されている

最近のパソコンというのは非常に安価でそれでいて、高性能になって来ています。
一昔前までのパソコンといえば、非常に高価なものが多く一式揃えると100万円を越すこともあり、一般人ではあまり簡単に手に入れられるようなものではありませんでした。

しかし、最近のものであれば30万円も出せば最上級のハイスペックPCを手に入れることができるようになり、一般人でも少し奮発すれば最高のハイスペックPCを所有することができるようになったのです。
ハイスペックPCはその名前が示す通り、全てにおいて高性能のパーツを満載したパソコンですが、快適に動作させるための作業領域であるメモリも大量に搭載されています。

メモリというのはよく机に例えられ、作業をする人がCPUでデータを格納しておく机の引き出しがHDDです。
そして、メモリが作業をする机の上部になるのですが、この領域が広ければ広いほど引き出しの中から物を出して置いておくことができるので作業がとても捗ります。
しかし、この作業領域が少なければ机の上においておくことができる物は限られてしまうので、引き出しの中と机の上を行ったり来たりして作業効率が落ちてしまいます。
この作業スペースがメモリになるのですが、ハイスペックPCではメモリが搭載出来るだけ積まれていることが多くパソコンが快適な動作をしやすい環境になっています。